2018~2019 委員会構成

役員構成

会長 表原 立磨
副会長 小出 誠憲
幹事 町田 哲子
副幹事 篠原 勲
会計 仲西 亜紀
会計監査 浅木 恵次

理 事

表原 立磨
小出 誠憲
町田 哲子
仲西 亜紀
田中 勇一
浅木 恵次
篠原 勲
角谷 基喜
久栄 茂
奥田 勇
吉岡 陽子

会長経験者

岡田 順子
小出 誠憲
久米 茂
浅木 恵次
奥田 勇
田中 勇一
角谷 基喜
新田 勝
陶久 晃一

boderline

委 員 会 活 動

委 員 会 委 員 長 副 委 員 長 委 員
会   計
※出席・ニコニコ兼務
仲西 亜紀 奥田 勇 久栄 茂 新田 勝
S A A 岡田 順子 新田 勝
クラブ奉仕委員会 篠原 勲 町田 哲子 佐久間 淳
社会・職業奉仕委員会
※新世代委員会兼務
角谷 基喜 岡山 彰 奥田 勇 星野 宰
国際奉仕・R財団、
米山奨学委員会
久栄 茂 吉岡 陽子 梶川 智正
会員増強委員会 田中 勇一 守宮 官教 高市 佳彦
プログラム・広報委員会 奥田 勇 陶久 晃一 日下 健志
親睦、友好委員会 町田 哲子 篠原 勲 延 隆久

 

2018~2019年度奉仕計画

boderline

会計(出席・ニコニコ兼務)

委員長:仲西 亜紀
副委員長:奥田 勇
委員(ニコニコ担当):久栄 茂
委員(出席担当):新田 勝

方  針
まずは、会計係としてクラブの規定を厳守し、適切で迅速な会計処理を行いクラブ活動が円滑に行えるよう努めます。
また、例会への出席がロータリアンとしての原点であり義務であることの認識を全ての会員と共有し、毎回出席を促します。
さらに、例会におけるニコニコBOXの活用により会員の悩みや喜びを分かち合い、親睦を増進していけるよう他の委員会と連携、協力し出席率の向上に尽力します。

奉仕計画

  1. 各種の集金、支払、その他の処理を総括的、かつ迅速に行う。
  2. クラブの財政の健全化に努め、会員に解りやすく処理を行う。
  3. ニコニコBOX関連関係は別会計で扱う。
  4. 例会における出席確認、報告ならびに出席表による数値管理を行う。
  5. 新入会員の例会出席へのフォローアップ。
  6. 模範出席者の表彰。
  7. 欠席者からの事前報告の依頼。

boderline

S  A  A

委員長:岡田 順子
副委員長:新田 勝

3AA(Sergeant at Arms)会場監督は英国王室、議会の守衛官のことですが、その制度がアメリカ議会に導入され、それがロータリーにも及んだものと考えられます。

方  針
クラブ例会が秩序正しく、品位を持って開催されるように配慮し監督する。

奉仕計画

  1. 会場設営の確認。
  2. 出席者には、制服の着用、又品位ある服装でお願いする。
  3. 例会中の私語、携帯電話の使用が無いよう注意する。
  4. 訪問者、ゲストの方への案内、接遇への配慮。
  5. 出席者の着席位置が固定しないように工夫する。
  6. 時間配分に留意し、円滑な進行を心がける。

boderline

ク ラ ブ 奉 仕 委 員 会 (ロータリー情報)

委員長:篠原 勲
副委員長:町田 哲子
委員:佐久間 淳

方  針
2018-2019年度テーマ「インスピレーションになろう」を基にクラブが効率的に機能できるよう、各委員会と連絡を密にして魅力あるクラブの奉仕活動を目指します。

奉仕計画

  1. 2017年度のクラブ活動の活性化を計り例会の充実を促進する。
  2. 各委員会の計画に対する実績を紹介し、全会員のロータリアンへの意識向上とコミニュケーションを促進する。
  3. 各友好クラブとの交流を更に深め、親睦を図る機会を設ける。
  4. 各クラブとの意見交換を行い、スムーズに運営が図れるよう取組む。

boderline

社 会・職 業 奉 仕 委 員 会 (新世代委員会)

委員長:角谷 基喜
副委員長:岡山 彰
委員:奥田 勇
委員:星野 宰

方  針
2018-2019年度テーマの「インスピレーションになろう」のテーマに沿って「超我の奉仕」を実証すべく、これまでの既存事業に加え新しい切り口の公益事業に取り組むことで、市民にポジティブな意識変革を生み出せるよう尽力します。
また、新世代育成のために地域レベルで市民が地域の指導者と関心事を話し合い、希望、夢、抱負を表明し、地域社会の問題解決を探るための討論の場を設け、育成の機会とします。

奉仕計画

  1. 加茂谷鯉祭りへ参加の協力。
  2. 那賀川夏祭りへの参加協力。
  3. 当クラブ杯少年剣道大会を主催し、青少年の健全な育成に寄与する。
  4. 新年号にちなんだ新しい公益事業を主催する。
  5. 地域住民と協力し地域の奉仕活動に、積極的に参加をし、ロータリアン会員ひとり、ひとりが倫理、奉仕、親睦の理念について学ぶ。

boderline

国際奉仕・R財団、米山奨学委員会

委員長:久栄 茂
副委員長:吉岡 陽子
委員:梶川 智正

方  針
国際的な視野を有するための研鑽を積み、国際的な親善事業や友好事業に寄与します。
また、ロータリー財団の組織、目的、内容についての知識を深め会員に寄付金の用途や成果について理解していただけるよう情報発信を行い、意見を尊重しながら活動を継続します。
さらに、日本で学ぶ外国人留学生に奨学金を支給し支援すると共に、ロータリアンがそのことを十分に理解、賛同し、支援体制を維持できるよう努めます。

奉仕計画

  1. 長期、短期交換留学生の派遣希望者を募る。
  2. 上記に伴い、ホームステイの受け入れ態勢確保に努める。
  3. 外国の方による自国文化に纏わる卓話の実施、および交流、親睦機会の創出。
  4. 機関紙等による当該情報の、例会における速やかな共有を図る。
  5. クラブ内外における、ロータリー財団の広報活動の推進。
  6. 会員による年次寄付の推進。
  7. ポリオ撲滅運動への協力。
  8. 地区協議会の米山部門への参画ならびにクラブ内での情報発信とプログラム企画。
  9. 会員相互のアイデア創出による寄付活動の推進。
  10. 世話クラブの意義と役割を周知し、奨学生との交流促進に努める。

boderline

会員増強委員会

委員長:田中 勇一
副委員長:守宮 官教
委員:高市 佳彦

方  針
会員増強と退会防止は例年の重点項目であり、本年度は会員増強委員会を親睦友好委員会と切り離して独立させたことからも、さらに力を入れて会員増強の達成と退会者を無くす努力を継続します。

奉仕計画

  1. 「会員増強と退会防止」を重点項目として会員全体に周知徹底し、機運を高める。
  2. 各委員会による、1名以上の新規会員候補者の推薦実施。
  3. 卓話をしていただいた部外者への入会促進。
  4. プログラム委員会を中心とした他委員会との連携により、透明性が高く、参加者にとって楽しく価値あるクラブ運営を行い、自ずと新会員が生まれ退会者防止に繋がる仕組みづくりに努める。
    ※会員増強目標:5名、退会者:ゼロ目標
  5. 退会希望者が出た場合、各委員会や紹介者と協力し残留を図る。

boderline

プログラム・広報委員会

委員長:奥田 勇
副委員長:陶久 晃一
委員:日下 健志

方  針
プログラム担当として、毎週の例会が有意義なものとなるよう卓話の内容に工夫を凝らし、会員の資質ならびに出席率向上に繋げます。
また、広報担当としてはクラブ活動状況の発信を行い、地域社会との良き対話関係を維持、推進します。そのため、ホームページの充実と維持に努め、クラブメンバーによるHPの利用度向上を図り、クラブのIT利用を推進します。

奉仕計画

  1. 会長の運営方針に沿った有意義な例会になるよう、また、雰囲気を考慮しながらクラブメンバー一丸となった運営に努める。
  2. 新入会員には自己紹介を兼ねた卓話を、また、一般会員には趣味、体験、職業の専門知識等を卓話として依頼し、会員相互の親睦向上に努める。
  3. 会員の資質向上を目指し、外部からの招待者による卓話を実施する。
  4. 移動例会の実施。
  5. 例会のプログラムを、掲示板等を利用して事前通知する。
  6. IT化に伴う機器(パソコン・スマホ等)の操作の習熟を図り、必要に応じて講習会を実施する。
  7. 会員全員がホームページの閲覧、掲示板の書き込み、ダウンロード印刷等ができるよう努める。
  8. マイロータリー登録により、RIや他のクラブとの密な情報交換を推進する。
  9. ホームページの更新および内容の充実と、安心安全のIT環境を維持する。

boderline

親睦、友好委員会

委員長:町田 哲子
副委員長:篠原 勲
委員:延 隆久

方  針
会員およびその家族間の交流を促し、円滑なコミュニケーションの機会を持つことにより、好ましい人間関係構築に繋げられるよう、他委員会との連携により努めます。

奉仕計画

  1. 毎月第一例会において、誕生日を迎える会員およびその配偶者を全員で祝福する。
  2. 会員およびその家族間の親睦を深めるために、親睦会や親睦旅行等を適宜計画し実施する。
  3. 各委員会、同好会と連携した親睦活動を行う。
  4. 親睦、友好に関する会員の意見や要望について随時検討する。

boderline